お知らせ

  1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 『スポGOMI甲⼦園2021茨城県⼤会』を開催

『スポGOMI甲⼦園2021茨城県⼤会』を開催

激闘を制したのはDMJKチーム
⾼校⽣91名が130㎏超のポイ捨て、不法投棄ごみを回収
2021年11月21日9時30分~

スポGOMI甲⼦園実⾏委員会は、3⼈1組のチームを結成した15〜18歳(⾼校⽣世代)の若者たち全31チーム91名が、制限時間60分の中で規定エリア内のごみを拾い、その質と量をポイントで競う、『スポGOMI甲⼦園2021茨城⼤会』を11⽉21⽇(⽇)に開催いたしました。
この活動は、⽇本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と⽇本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の⼀環として⾏われています。
[開催場所] 那珂川〈⽔府橋〜万代橋左岸エリア〉 
 

 

⼥⼦⾼⽣3⼈チーム、茨城県代表として全国決勝⼤会へ進出

茨城⼤会で⾒事な記録を残し、全国⼤会への切符を掴んだのは「DMJK(ドリームジェーケー)」。分別がしやすいように肩から下げる回収箱を製作して挑み、⼟⼭のごみもためらわずに拾い集めた⼥⼦3⼈組です。集めたごみは他チームを圧倒的に上回る21.9㎏。12⽉に⾏われる全国⼤会に向けてオリジナルアイテムの改良を検討し、「東京は⼈も多いからごみも多いと思うのでたくさんごみを拾ってきます」と意気込みを語ってくれました。
また、アイテム賞には「茨⾼テニス部」が輝きました。ランドセル型の回収ボックスで、⼤きくて重いごみもしっかりと拾えていました。ほかにも学校の特⾊を活かしたコスチュームや落ちているごみを拾いやすく、動きやすさを重視したアイテムなどが⾒受けられました。
会場には引率の保護者や学校の先⽣も応援に駆けつけていて、応援もさることながら集まったごみに驚きを隠せないようでした。「⼦どもたち90名近くが1時間で130キロものごみを集めたのだからこれに⼤⼈が加わったらかなりの量のごみが集まるでしょうね。今後、⼦どもたちと⼀緒にごみ拾いを実践していきたいです」と話してくれました。



  1位 :DMJK(ドリームジェーケー)(写真上)
      21.9kg 2538pt
  2位 :ましかまるましましましかまる(写真下左)
      16.93kg 1697.5pt
  3位 :海洋M3(写真下中央)
      4.92kg 1105.5pt
アイテム賞:茨高テニス部(写真下右)

 

初開催ながら31チーム91名が参加 草むらの不法投棄ごみで重量もかなりの量に

茨城⼤会は今年度初開催。31チーム中10チームがごみ拾いのためのオリジナルアイテムを製作して参加してくれました。会場となった那珂川河川敷左岸エリアは普段から不法投棄や家庭ごみの散乱が⽬⽴つエリアです。
橋のたもとや、草むらにはフライパンや⾬合⽻、プラスチックの⼤型パイプ、刃物などが不法投棄されていました。また、⽸やペットボトル、乾電池なども多数⾒られました。中にはビニール袋に分けた飼料のようなものも⼤量に投棄されていました。参加した⾼校⽣は「これもごみですよね︖放置はできないですよね」といって⼟⼭に埋もれているごみに⼿を伸ばして拾い集めていました。
街中でのごみ拾いとは違い、重さやサイズ感ののあるごみが多く、配られたごみ袋はあっという間に満杯になり、重さで袋が裂けているチームも多くありました。
⼤⼈が捨てたと思われる粗⼤ごみや放置されたごみを「街をきれいにしたい」「海に流れ出るごみを⾷い⽌めたい」という思いで参加した⾼校⽣が拾い集める―。ごみ拾い活動を通じて河川の利⽤やごみの出し⽅について考えなければならないのは成⼈を過ぎた⼤⼈たちなのかもしれません。
 

 

出場チーム(入賞チーム除く)